旬ネタ情報局!

今、旬のドラマのロケ地や話題のニュース、季節の行事やイベントなどについて書いていく趣味のブログです。

北斗

ドラマ北斗 ロケ地や撮影場所、あらすじとキャストのまとめ

2016/12/14

hokuto

2003年に「4TEEN」で直木賞を受賞した石田衣良さんは『池袋ウェストゲートパーク』などヒット作を次々と数多く発表して来ました。そんな石田衣良さんが2012年に“デビュー15周年の結論"と自負する渾身の作品「北斗 ある殺人者の回心」を発表。

かなり衝撃的な内容で話題となりました。今作では映画『脳男』『グラスホッパー』などで有名な瀧本智行さんが監督を務めます。

WOWOWで放送される事になったのはひょっとしてストーリーが衝撃すぎるため民放では扱いきれなかったとの噂も。主演にジャニーズ事務所期待の若手俳優、中山優馬さんが選ばれたことも話題の一つとなっています。

今回は2017年3月スタートのドラマの中で最も注目される『北斗-ある殺人者の回心-』のロケ地や撮影場所、あらすじやキャストについて書いていきます。

あわせて読みたいオススメ記事『視覚探偵 日暮旅人2017』 ロケ地(撮影場所)やあらすじ、キャストのまとめ

 

スポンサードリンク

 

 

『北斗-ある殺人者の回心-』 あらすじ(ストーリー)

「僕を、死刑にしてください」―2016年3月、殺人犯として勾留されている20歳の端爪北斗(中山優馬)は、国選弁護人の高井聡一にそう言い放つ。

「僕は、生まれてはいけなかった」―北斗は誰かに抱き締められた記憶がなかった。実の両親から激しい虐待を受け、愛に飢えた少年時代を過ごした北斗はやがて養護施設に入ることに。

そこで里親となる近藤綾子に出会い、初めて“愛"というものを知る。幸せを少しずつ感じることで心の闇から解放され、生まれ変わっていく北斗。

しかし、運命のいたずらはまだ彼を解放してはくれなかった。

孤独な青年はなぜ殺人犯になったのか。数奇な運命に翻弄され、残酷な日々を過ごしてきた彼に下る「審判」とは――。端爪北斗の“命を懸けた"裁判が今始まる――。

あらすじを読む限り、このストーリーの元となった事件がありそうですね。一見なんでもないように見えて誰にでも心の奥には闇や満たされない不足感を抱えているものです。それが親子関係だったり友人関係だったり。。。

それがある条件が整った時に爆発してしまう。。

大なり小なりあるはずです。その爆発が洒落になっていない悲惨な事件になってしまうことだってあります。私たちの心をいろいろな意味で見つめさせられるストーリーなのかもしれませんね。

 

『北斗-ある殺人者の回心-』キャスト(登場人物と出演者)

端爪北斗役/中山優馬

その他の出演者については発表がされ次第随時更新していきますのでお楽しみに!

 

スポンサードリンク

 

『北斗-ある殺人者の回心-』 ロケ地(撮影場所)

8月31日に立川市アドアーズで中山優馬が撮影

JR立川駅の南口を出てすぐの場所にあるゲームセンター「アドアーズ立川店」で8月31日に撮影が行われました。

 

 

9月22日・神奈川県箱根で中山優馬が撮影

箱根のどこなのか詳細はわかりませんが9月22日に中山優馬さんが撮影を行っていたようですね。

 

『北斗-ある殺人者の回心-』その他の目撃情報

 

最後に

『北斗』が放送されるのは2017年3月からですから、ゆったりとしたペースで撮影は進んでいる感じでしょうか。忙しい中山優馬さんのスケジュールの合間を狙っている感じです。

今後さらに撮影現場の目撃情報などがあがってくると思います。その都度ロケ地やキャストの情報について更新していきますのでお楽しみに!

あわせて読みたい人気記事:

『わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた』 ロケ地や撮影場所、あらすじとキャストのまとめ

 

スポンサードリンク

 

-北斗