旬ネタ情報局!

ドラマが好きで感想やネタバレ、ロケ地情報やキャストの演技の評価など+旬なテレビ番組について趣味で書いています

HOPE~期待ゼロの新入社員~

HOPE〜期待ゼロの新入社員〜が面白いという感想が!大ヒットを予感させる3つの理由!

2016/08/13

hope-1

引用:フジテレビ公式サイト

 

2016年夏の新ドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』の第1話を観ました!視聴した結論から言いますと、実に面白いです!

初回の視聴率は6.5%と残念な結果でしたが、今後大いに盛り返すことが予想されます!

ネットでは評判になっているため、初回は観なかったけれど次回は録画してみてみたい!と言ったコメントも数多く見られます。

ひょっとしたら、今夏のドラマの中では、最高作になる可能性もあると思います。

なぜ、そう思うのか、またどんなところが視聴者から高評価を得たのかをまとめてみました!

 

↓HOPE〜期待ゼロの新入社員〜の関連記事はこちら!↓

HOPE・2話の感想・プレゼン成功!岡目八目(おかめはちもく)とはどんな意味!?

HOPE・ロケ地や撮影場所のまとめ&エキストラ募集の情報!

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

『HOPE~期待ゼロの新入社員~』第1話のあらすじ

 

幼いころ囲碁に出合い、夢中になった一ノ瀬歩(中島裕翔)は、やがて日本棋院の院生となり、プロ棋士を目指して青春のすべてを囲碁に捧げてきた。ところが、高校生のころに父親が病気で他界。歩は、苦しくなった家計の助けになるよう、アルバイトをしながら囲碁の勉強を続けることに。

日本のプロ棋士採用試験は23歳未満しか受けられない年齢制限があった。22歳になった歩は、アルバイトも辞め、不退転の決意で囲碁に励んだ。しかし、試験前夜に母・夕紀(朝加真由美)が過労で倒れてしまい、動揺した歩は試験にも落ちてしまう。

夢を失い、失意のままアルバイト生活を続ける歩の姿に胸を痛めた夕紀は、知人のつてを頼り、総合商社・与一物産で最終段階を迎えている採用試験を受けられるようにする。試験内容は1ヵ月のインターンシップ。研修生として実際に働き、その働きぶりを勘案して、採用の可否を決めるというものだった。

与一物産の営業3課で働くことになった歩が出社すると、課長の織田勇仁(遠藤憲一)はあいにく外回りに出ており、課内にいたのは主任の安芸公介(山内圭哉)だけだった。歩は、安芸から書類のコピーを頼まれたが、トナーの意味すら知らず、同じインターン試験を受けている同期の桐明真司(瀬戸康史)に助けてもらう。さらに、電話には出るなと安芸から命じられていたにもかかわらず、鳴り続ける電話を思わずとってしまった歩は、英語での応対ができず、インターンの香月あかね(山本美月)に電話を代わってもらうありさまだった。

昼食時、歩は、あかねからインターン仲間を紹介してもらう。歩が高卒だと知り、驚きを隠せない一同。一方、インターンのひとり、人見将吾(桐山照史)は、歩が専務・鷹野義郎(風間杜夫)のコネで入ったと先輩社員が話しているのを耳にする。

そんな中、外回りから帰ってきた織田は、歩を打合せに連れ出す。そこでも歩は何もできず、ただ座っているだけだった。織田は、そんな歩に「明日から来なくていい」と言い放つ。

引用:フジテレビ公式サイト

それでも、歩は翌日から出勤していましたね。母親がコッソリと買ってくれたスーツを見て、もう一度頑張ってみようという気持ちになったからでした。織田はぶっきらぼうですが、その心意気を認めたのか、さり気なくホルダーを渡して、資料の分類をしろと仕事を与えました。

その後、海外から取り寄せたパーツに不良品が出たため、インターンたちは不良品と正規品の選別に駆りだされました。途中で他のルートで正規品の調達ができたため、切り上げるインターンたちでしたが、歩は高卒ということで舐められているため、きちんと事情を伝えてもらえずに、やらなくても良い作業を一人で続けていました。

掃除までして帰った歩は、さっさと帰った他のインターンたち以上の評価を得て、さらに徹夜してまでフォルダの整理をしていた歩を織田は内心少しづつ認め始めました。

そして、他のインターンのミスで会社のロビーに落とした提案書を自分の責任として、黙っていた歩に対して、口には出しませんんが、評価を高めていきました。

そんな織田の気持ちに歩も気づいて、たとえ採用されなくても一ヶ月間は、必死で食らいついていこうと新たに覚悟を決めます。

 


 

『HOPE~期待ゼロの新入社員~』第1話のざっくりな感想

私は、全く知らなかったのですが、韓国のドラマのリメイクだったのですね。

韓国ドラマのファンの間ではHOPEの元となった『ミセン』をすでに視聴している方も数多くたようですね。

 

そんな方たちからは、リメイクすることで『ミセン』の内容が薄められるのではないか!?とか変にデフォルメされて元の良さが表現されないのでは!?という声もあったようですが、日本版らしい出来だったと、好評化を得ているようです。

 

管理人は『ミセン』を視聴していませんが、HOPEを視聴した感想は、かなり面白い!と思いました!

そして、もしかしたら今夏のドラマの中でも最高の作品となる可能性もありそうですね!

個人的にダメダメな主人公が努力で挫折を乗り越えて、成長していく物語は大好きです。ですので今回は、なるべく主観を外して、他の視聴者の意見も参考にしながら評価してみたいと思います。

 

 

 

 

『HOPE~期待ゼロの新入社員~』が大ヒットしそうな理由その1・久々の正統派ドラマである

 

ここ最近、妙なギャグや奇抜な演出のドラマが多いですが、(特にゴールデンタイム)久しぶりに、これぞ正統派ドラマと呼べる作品ではないでしょうか!?

主人公が不器用ながらも、ひたむきに努力して、少しづつ成長し周囲からも認められていく、逆境のなかで、親分みたいな上司に鍛え上げられて試練を乗り越えていくという姿は観ていて痛快です。

 

元々は、夢破れて、現実逃避的な生活を送っていた若者が、ふとしたきっかけで奮い立ったのです。

 

そこには、少なからず人生の教訓のようなものも含まれており、自然に感情移入している自分に気づいたり、誰もが共感できるのではないでしょうか!?

 

 

『HOPE~期待ゼロの新入社員~』が大ヒットしそうな理由その2・主人公のギャップがイイ!

 

中島裕翔さん演じる一ノ瀬歩は一見、いわゆるゆとり世代に見えますね。私は実際にゆとり世代の若者と仕事をした経験があるのですが、悲惨なくらいコミュニケーションの取り方が下手です。(もちろん全ての人が、という訳ではないのですが。)

そして、言われたことしかやらない、他人のことを自分に置き換えて考える力(想像力)がない、子が多くて驚いたことがあります。(ひょっとしたら私も若い頃そうだったかも。。(汗))

 

ところが、一ノ瀬歩は、ナヨナヨしているようだけど脱力系でもない、意外にも芯がしっかりしていて、周囲への気配りも出来て、思いやりもある。

 

手柄をひけらかしたりせずに、ひたむきに努力するガッツのある青年ですね。

そのギャップが一ノ瀬歩の魅力だと思いますし、中島裕翔さんは見事に好演していますね!

 

『HOPE~期待ゼロの新入社員~』が大ヒットしそうな理由その3・ストーリーと演出がリアル!

 

ストーリーがとにかくリアルで、視聴者の中には、共感できるシーンが多いと感じたり、実際に同じような経験をしたことがあるとうい方も多いのではないでしょうか!?

唯一、矛盾を感じたのは東大や有名大学出身者が、勝ち残って最終選考としてインターンとして実際に仕事をしている中に、高卒の無気力な青年が、たとえ強力なコネであってもそんな中には入れないですからね。フェアじゃないですし。。。

 

そこは演出上仕方なかった部分かもしれませんが、その一点を除いて、とてもリアルな社会風景が描かれていると思います。

 

例えば、ドラマの最後の方でマエケンさんが演じる織田課長が、「うちの奴の責任にされたんだぞ!」と部下をかばうシーンがありましたが、歩はその言葉にとても感動していました。この嬉しさは誰でも想像がつくと思います。

新しい世界に入っていって、そこで認められた!とか、仲間として受け入れてもらえた!という喜びは、なにものにも代えがたいものがあります!

 

それから「タクシーなんか乗って帰ったら、女房に殺される」なんてセリフも多くのサラリーマンの実情をさり気なく盛り込んでいますね。

 

初日には、安芸主任が「何にもしないでいいからな!」といって外出した後、電話がかかってきました。歩が安芸主任から言われた言葉を知らない周囲の人間からは、電話がかかって来ているのに何故出ないんだ!?という目で見られます。

いたたまれなくて結局出ちゃうんですよね~。絶対にきちんと対応できないことを分かっていながら出てしまうんですよ!

こういう状況の場合って。そして粗相をやらかして、後から返ってきた安芸主任に「何にもしないでいいと言っただろう!」と怒られるという、我々が生活する現実社会の中でありがりなパターンですね。

 

インターンの仲間の中には新村のような嫌がらせに近いことをしてくるヤツもいます。その一方で、見方になってくれる人間も現れて、なんとかやっていける様になるんですよね。

実際の社会生活でも、私が会社に勤めていた頃、120%の確率で嫌なやつがいましたね。

転職したらそこにもやっぱり嫌な奴がいて。。。

その嫌なやつが会社を辞めて、喜んだのもつかの間、また同じような嫌なやつが入社してくるという。。

 

でも仕方ないですね。そうやって眼に見えないところでバランスが取られているのかも知れますん。

特にドラマで言えば、桜中学の先生が全員金八先生だったり、生徒が全員優等生だったりしたら全然盛り上がらないですからね!

一ノ瀬歩が入社した時の、オドオドした感じも私にも、他の視聴者にも共感できたはずですし。。

 

こういったシーンが随所に散りばめられているのは、制作側の素晴らしさと、役者たちのしっかりしたえんぎりょくがあってのことではないでしょうか!?

こんな素晴らしいチームですので今後、視聴率を巻き返し、今夏の新ドラマの中では今後、かなり高い評価を得るのではないでしょうか!?

 

 

スポンサードリンク

 

 

『HOPE~期待ゼロの新入社員~』みんなの感想は!?

私がネットで調べた限りでは総じて高い評価を得ているようです。

 

 

なにげなく動画を見たら、大当たり。1話目にしてすでに名作の予感。先入観で見ないのは損している。すべての働いている人これから働く人に見てほしい。

 

録画したのを繰り返し観てます。やっぱりこの若干シリアスだけど随所に暖かさと優しさを感じる雰囲気が好きだなぁと思います。人生の教訓みたいな名言もあり、観てるだけで色々考えさせられます。食わず嫌いするには勿体無いと思います。見逃した方にはぜひ観てもらいたいですね。

 

久しぶりに当たりドラマです!!原作をうまくまとめていますね主役の透明感ある繊細な演技もベテラン勢の安定感ある演技もとても合っていて気持ちよくみられます次回も期待大

 

遠憲さんと山内さんの民王ペア、それだけでテンションアップ!中島くんも表情や佇まいが素敵。ストーリー展開も惹きつけられた。インターンの嫌ミな子、桜田通くんというのですね。覚えましたよ=(^.^)=

 

あるあるネタがたくさんあって。部下の仕事ぶりをみる。これができてる上役はどのくらいいるだろう? 自分の目届かないところでの部下の仕事ぶりを想像するのってホントにむずかしい。現実だと徹夜でフォルダの整理しても「あっそ」で終わりだからな。

引用:ヤフーみんなの感想

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に

 

個人的にHOPEは大変面白く、大好きなドラマですが、残念ながら視聴率が芳しくないようですね。(泣)

初回で6・5%、第2話では、7・1%、第3話6・0%、第4話6・4%と上がったり下がったりを細かく繰り返していますが、平均値では微妙に下がり続けています。

そのため密かに打ち切りの噂もあるようですね。ぜひ、最後まで放送して欲しいです!

 

『HOPE~期待ゼロの新入社員~』打ち切りの噂の真相に迫った記事はこちら!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

今夏スタートのドラマのロケ地一覧です! お暇つぶしにどうぞ!

 

NHK 水族館ガールのロケ地やキャスト、あらすじをご紹介!

営業部長 吉良奈津子のロケ地や撮影場所のまとめ!

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子のロケ地や撮影場所のまとめと相関図!

そして、誰もいなくなった・ロケ地や撮影場所とエキストラ情報をまとめてご紹介!

OLですが、キャバ嬢はじめました・ロケ地は同名のクラブプロポーション!

家売るオンナ・ロケ地や撮影場所のまとめ!&エキストラ募集の詳細!

仰げば尊し ・ドラマのロケ地や撮影場所のまとめ!エキストラ募集の情報も!

HOPE・ロケ地や撮影場所のまとめ&エキストラ募集の情報!

神の舌を持つ男・ロケ地や撮影場所のまとめ&エキストラ募集の情報!

せいせいするほど、愛してる・ロケ地や撮影場所のまとめ&エキストラ募集の情報!

時をかける少女は沼津で撮影されている!?ロケ地の詳細をご紹介!

こえ恋ドラマのロケ地をまとめてご紹介!撮影現場やエキストラ情報も!

好きな人がいることのロケ地は?三浦翔平を撮影場所で発見?

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

-HOPE~期待ゼロの新入社員~