旬ネタ情報局!

ドラマが好きで感想やネタバレ、ロケ地情報やキャストの演技の評価など+旬なテレビ番組について趣味で書いています

未分類

ドラマ『検事の本懐』のロケ地や撮影場所、あらすじ、キャストのまとめ。

2016/12/05

kenjinohonkai

画像引用:テレビ朝日公式サイト

12月3日、テレビ朝日系列でスペシャルドラマ『検事の本懐』が放送されます。絶対にぶれない男・佐方貞人の待望のシリーズ第3弾!!

今、最も注目されている女性小説家、柚月裕子さんの代表作である『検事の本懐』が完全ドラマ化!次々と姿を消す証言者たち、亡き父の真相に迫る謎の記者の登場など見どころ満載です。

今回は、上川隆也さん主演のスペシャルドラマ『検事の本懐』のロケ地や撮影場所、キャストやあらすじについて迫ってみました。

 

あわせて読みたい人気記事『ガキの使い・笑ってはいけない2017』の狭山市のロケ地、出演者、テーマのまとめ

 

スポンサードリンク

 

ドラマ『検事の本懐』キャスト

佐方貞人(さかた・さだと)/上川隆也

米崎地方検察庁検事。その胸には自らの正義を貫くための情熱が燃えさかる元祖ブレない男。

庄司真生(しょうじ・まお)/松下由樹

米崎地方検察庁検事。佐方とは同期で上層部のやり方に従いながらも佐方を陰でサポート。

加東 栞(かとう・しおり)/本仮屋ユイカ

東京地方検察庁特捜部・検察事務官。事務官は指示どおりに動くだけと割り切っていたが佐方と出会い。。。

小山哲明(こやま・てつあき)/和泉崇司

東京地方検察庁特捜部・検察事務官。有能な事務官で庄司とコンビを組む。

兼先 守(かねざき・まもる)/山口馬木也

元地方新聞の社会部記者で現在は謎の週刊誌記者。佐方の父・陽世が逮捕された事件を思い出し、取材をはじめる。

近田慶彦(こんだ・よしひこ)/矢島健一

東京地方検察庁特捜部・部長。正義のためなら荒っぽい手段を取ることも。

輪泉琢也(わいずみ・たくや)/正名僕蔵

東京地方検察庁特捜部・主任検事。近田慶彦の犬。佐方を田舎者と馬鹿にする。

葛巻利幸(くずまき・としゆき)/手塚とおる

技術技能支援財団の事務員。事情聴取が始まった後に消息不明に。

増元敬清(ますもと・けいせい)/六平直政

技術技能支援財団・代表理事。大河内に闇献金を渡した男。

清水沙代(しみず・さよ)/真野恵里菜

亮子の娘。週刊誌記者・兼先に突撃され困惑する

清水亮子(しみず・りょうこ)/黒田福美

広島の建設会社“小田川建設”の元従業員。

大河内定和(おおこうち・さだかず)/寺田 農

米崎選出の衆議院議員。技術向上大学”の設置に伴う闇献金問題の張本人か。

佐方陽世(さかた・ようせい)/中原丈雄

佐方の亡き父。有力企業“小田川建設”の顧問弁護士を務めていた

筒井義雄(つつい・よしお)/伊武雅刀

米崎地方検察庁公判部部長。佐方の上司で最強の味方。

 

ドラマ『検事の本懐』あらすじ

米崎地検検事・佐方貞人(上川隆也)と庄司真生(松下由樹)は、東京地検特捜部の応援に駆り出されることになった。現在、特捜部では大物代議士・大河内定和(寺田農)と、“技術技能支援財団”代表理事・増元敬清(六平直政)の贈収賄事件の捜査に当たっていたが、疑惑の渦中にいた重要参考人、事業団の経理担当役員・園部勝也(稲田龍雄)が自殺。捜査の糸口が絶たれ、上層部は焦りを抱いていた。

 だが実際に東京地検に赴くと、参考人の取り調べなどの重要な捜査は特捜部が行い、応援組の仕事は些末なものばかり…。佐方は、事務官の加東栞(本仮屋ユイカ)からも「地方でのやり方はお忘れください」と冷静にいさめられてしまう。

 そんな中、次なる鍵を握る人物と思われた、事業団の経理責任者・葛巻利幸(手塚とおる)が行方をくらました。佐方は葛巻の残したメモを分析し、加東と共に彼の居場所に迫るが、結局見失ってしまう。

 その後、佐方は特捜部の主任検事・輪泉琢也(正名僕蔵)から、葛巻の従兄・岩舘啓二(春田純一)の事情聴取を行うよう命じられる。逃亡中の葛巻の居場所を吐かせろという指示だが、岩舘には余命いくばくもない母がおり、その見舞いに行きたがっていた。それを知った佐方はある“策”を講じて岩舘を救うが…!?

 一方、週刊誌記者・兼先守(山口馬木也)は、強制捜査を取材した際、佐方の存在を知り、佐方の父・陽世(中原丈雄)が逮捕された29年前の事件を思い返す。その事件は、陽世が顧問弁護士を務めていた建設会社会長の遺産5000万円を横領したというもの。陽世は容疑事実を認めたものの、完全黙秘を貫き、懲役2年の実刑判決を受けた。今回の一連の事件と29年前の陽世の疑惑を絡めて書けば面白い記事になるとにらんだ兼先は、広島に調査に赴く――。

 あらゆる手段を講じて、贈収賄の真相を闇に葬ろうとする大河内と増元。そして、検察の面子を守ろうと躍起になる特捜部。一方で、佐方の父の事件の真相を暴き、検察を地に貶めようと狙う兼先。それぞれの思惑が交錯する中、佐方がたどり着いた驚愕の真相とは…!?

今回も絶対にぶれない男の魅力がタップリ詰まった展開になりそうですね。『検事の本懐』を視聴したあとはなぜか晴々した気分になるという感想を持つ方も多いのではないでしょうか!

 

スポンサードリンク

 

ドラマ『検事の本懐』ロケ地や撮影場所・上川隆也などの目撃情報

神戸市三宮の繁華街をロケ地に上川隆也と手塚とおるが撮影 6月20日 25日

6月20日に上川隆也さんと手塚とおるさんが神戸市中央区の繁華街で撮影を行ったようですね。この日は同じ神戸市の『神戸市立須磨海浜水族園』でも撮影を行ったようです。

 

 

スポンサードリンク

 

神戸市立須磨海浜水族園で上川隆也が撮影 6月20日

神戸市中央区の繁華街での撮影と同時に同じ神戸市にある『神戸市立須磨海浜水族園』でも撮影が行われたようですね。上川隆也さんは約一週間前に『沈まぬ太陽』の撮影がクランクアップされたばかりなのに、ものすごく精力的に活動されていますね!

 

 

神戸市役所をロケ地に上川隆也が撮影 6月25日

 

目撃者のツイートから神戸市役所が検事の佐方が赴く検察庁の舞台として撮影に使われたようですね。

 

 

京都市右京区・嵯峨の住宅街をロケ地に上川隆也、松下由樹、本仮屋ユイカ 7月2日

7月2日に京都市右京区嵯峨の住宅街で上川隆也さんと松下由樹さんが目撃されています。場所の詳細は特定できていませんが、地元の方がツイートしています。

 

『検事の本懐』その他のロケ地や撮影現場の目撃情報

 

 

最後に

このシリーズのもう3作目ですね。年々スケールアップして見応えのある満足度の高い作品に成長していますね。今年も来年もぜひ楽しみにしたいスペシャルドラマの1つですね。

あわせて読みたい人気記事『ガキの使い・笑ってはいけない2017』の狭山市のロケ地、出演者、テーマのまとめ

 

スポンサードリンク

 

-未分類