旬ネタ情報局!

ドラマが好きで感想やネタバレ、ロケ地情報やキャストの演技の評価など+旬なテレビ番組について趣味で書いています

増山超能力師事務所

増山超能力師事務所 ロケ地や撮影場所、あらすじとキャストのまとめ

masuyama1

画像引用:日本テレビ公式サイト

2016年の秋ドラマ『砂の塔』で役者として高い評価を得たココリコの田中直樹さんが今度は深夜ドラマで主演を努めます。2017年1月5日(木)読売テレビ・日本テレビ系列から夜11:59~0:54の枠で放送される『増山超能力師事務所』。

原作は「ストロベリーナイト」の姫川玲子シリーズでおなじみの誉田哲也さんの同名小説。東京の下町、日暮里を舞台に人の心が読める所長の増山(田中)、右手の小指でモノに触れると過去の出来事が分かるドジな見習い・篤志(浅香航大)、発火能力を持つ元ヤンの悦子(中村ゆり)など個性的な顔ぶれが揃い、ストーリーがとても楽しみです。

今回は『増山超能力師事務所』のロケ地や撮影場所、あらすじやキャストについて書いていきます。

あわせて読みたい人気記事

『ガキの使い・笑ってはいけない2017』の狭山市のロケ地、出演者、テーマのまとめ

 

『増山超能力師事務所』のキャスト(出演者)

masuyamasoukanzu

増山圭太郎/田中直樹

高原篤志/浅香航大

住吉悦子/中村ゆり

中井健/柄本時生

大谷津朋江/平田敦子

 

『増山超能力師事務所』あらすじ(ストーリー)

 人気作家、誉田哲也氏の同名小説が原作。超能力を持った面々が依頼人の悩みを解決するため探偵業に奔走する姿を描く、1話完結タイプのドラマ。
 
 約3年ぶり連ドラ主演となる田中は、「増山超能力師事務所」の所長、増山圭太郎役。「面倒臭い」が口癖なのに女にめっぽうモテる男で、超能力者が変人扱いされていた時代も知っていて、超能力者たちに働く場所を与えたいという思いから事務所を営んでいる。

 所員を演じるのは個性的なキャスト陣。エロいことを考えては怒られる二級超能力師の高原篤志役に浅香航大(24)、才色兼備で気が強い元女番長・住吉悦子役を中村ゆり(34)、見た目は不細工でお腹も弱い中井健役を柄本時生(27)、超能力より年の功という事務員・大谷津朋江役を平田敦子(53)が演じる。

 それぞれ、触れた物に起こった過去の出来事を感じ取る事ができる能力や人の心を読んだり、物に触れずに発火させたりする能力などを持っていて、それらを駆使し、夫の浮気調査や娘の家出捜索など、依頼人の悩みやトラブルを解決へと導く。

 超能力師の役は初めての田中は「超能力とはずっと無縁だったので、超能力を持っている人物を演じられるというだけで、もう非常にワクワクしています。様々な能力を持った仲間とどのように問題を解決していくのかとても楽しみにしています」と期待。「超能力を駆使し、最終的に問題を解決し、見ている方にスカっとしてもらえるようなドラマになればいいなと思っています」と意気込みを伝えた。

 

『増山超能力師事務所』のロケ地や撮影場所

現在調査中です。分かり次第随時更新していきますのでお楽しみに!

 

あわせて読みたい人気記事

堂本兄弟もうすぐクリスマスSPネタバレ&山田涼介乃木坂46トレエンに密着!

 

-増山超能力師事務所