旬ネタ情報局!

ドラマが好きで感想やネタバレ、ロケ地情報やキャストの演技の評価など+旬なテレビ番組について趣味で書いています

家政夫のミタゾノ

家政夫のミタゾノの感想や評価が面白い!と大絶賛される理由とは!?

2016/11/10

mitazono

画像引用:テレビ朝日公式サイト

10月21日よりスタートの秋ドラマ「家政夫のミタゾノ」。視聴したところ予想を超える面白さでした。予告動画で松岡昌宏さんが高いところからジャンプしているシーンを見て、松岡昌宏さんの女装が気持ち悪いけどこれは面白いかもしれない!密かに楽しみにしていました。ほかの視聴者の感想を見てみるとやはり多くの方が「面白い!」「深夜の時間帯でなくゴールデンタイムに放送して欲しい!」などやはり大好評のようです。

「家政夫のミタゾノ」が面白いと感じたその理由や感想を書いていきます。

 

家政夫のミタゾノのロケ地や撮影場所、視聴率速報はこちら!

 

スポンサードリンク

 

家政夫のミタゾノの感想が面白い!と絶賛・評価される理由・ストーリーが痛快だ!

「家政夫のミタゾノ」を視聴した感想で第一に面白い!と感じたのはストーリーが痛快であるということがあげられると思います。それもそのはず、脚本は「半沢直樹」や「下町ロケット」、「刑事七人」の脚本を書いた八津弘幸さんが担当しています。

1話でのストーリーは家政夫のミタゾノが現職都知事・小津鮫洋一郎の自宅へ家政夫として訪れます。家政夫としては優秀なミタゾノは、初日から小津鮫洋一郎のシャツに付いたコーヒーのシミを取ってすぐに信頼を得ていきます。

家政夫として勤めながら小津鮫とその家族の弱みを握っていきます。妻の万引き癖、息子を裏口入学させていたこと、小津鮫が裏金をたんまりと溜め込んでいることや不倫をしていること、小津鮫の事務所に届く脅迫文は実は娘が書いていたことなど。

そして、完全にこの家庭の裏事情を突き止めたとき潰しにかかります。

マスコミを利用して小津鮫の裏金工作や不倫をバラし、娘の携帯を使って妻が万引きしている動画を小津鮫の携帯に送り、息子の裏口入学を警察沙汰にし、娘が送り続けた脅迫文の証拠を目に触れさせます。ここで冷ややかだった家族関係の原因が何であったのか、社会的な地位ばかりに目を向けてきた小津鮫にとって本当の幸せは何であったのか、について気づかせたのです。

そして一度は崩壊した家族が、昔幸せだった頃を思い出し再び一つになっていくというストーリーでした。

全てはミタゾノの計算通りだったようです。

「家政夫のミタゾノ」を視聴した感想を多くの方たちも面白かったとつぶやいています。

確かに人の家庭に入り込んで厚かましくも、余計な世話を焼いて最後は幸せになるという展開は「家族ゲーム」的な要素もありましたね。家事を完璧にこなすところは「家政婦のミタ」でしたね。

家政夫のミタゾノのロケ地や撮影場所、視聴率速報はこちら!

 

スポンサードリンク

 

家政夫のミタゾノの感想が面白い!と絶賛評価される理由・舛添要一をパロディーにするなど小ネタが面白い!

潰しにかかった時の、負のサイクルとも言えるシーンのテンポの良さも見事でしたね!でもそれだけではありません。

いたるところに小ネタが入っていました。例えば、小津鮫が公用車で箱根へ向かったシーンは完全に舛添要一のパロディーですし、運転を任されたミタゾノに小津鮫が「これでどっかで遊んできなさい」と渡したお札は千円札だったり(あのシーンでは渡されたお金が1万円札と思った視聴者は多いハズ!(笑))。

そして、ミタゾノはスパイとしてもかなり優秀です。お使いで渡された封筒をノリで閉じられていたにも関わらず、開けた痕跡を一切残さずに開封して中の情報を盗んだり、本来ならば秘密だったであろう情報を済まして聞き耳を立てていたり、必要とあらば歩伏前進して盗み撮りまでします。

MASUZOEを並び替えるとOSUZAMEに確かになりますね。鋭い観察力です!そしてドラマの中に絶妙に社会的な問題に対して皮肉を込めているのも見逃せないですね。

 

2話ではスカートを捲り上げダッシュ!

2話での最大の見せ場と言いますか、最も面白かったシーンは何と言ってもミタゾノさんがスカートを捲り上げ、売れない俳優を追いかけたシーンでしたね。驚くほどの速さで追いつき、相手に突き飛ばされてダンボールの山に突っ込でしまいました。そして、クタクタになった俳優が倒れ込んでいるところへ、『うおりゃーっ』とジャンプをして鉄の扉を飛び越えていきました。今回も最後まで松岡昌宏さんのメイクに慣れることはありませんでしたが、最高に面白いドラマですね~。

 

家政夫のミタゾノの感想が面白い!と絶賛評価される理由・使える豆知識が盛り沢山!

「家政夫のミタゾノ」では家庭で使える豆知識もかなり盛り込まれています。コーヒーのシミを抜いたシーンでのテクニックや、パスタ用のミートソースを一瞬で中華風に味を変える方法や、お風呂のカビを発生しにくくさる方法など家政夫ならではの技がふんだんに盛り込まれています。これがまあ、無駄といえば無駄かもしれませんが視聴者には好評のようです。

家政夫のミタゾノのロケ地や撮影場所、視聴率速報はこちら!

 

まとめ

「家政夫のミタゾノ」が深夜に放送は本当にもったいない気がします。松岡昌宏さんの女装は最後まで慣れませんでしたが、次回は大丈夫です(多分。。)

それにしても今期のドラマは「黒い十人の女」にしてもそうですし、「勇者ヨシヒコ」も含め深夜ドラマが盛り上がっていますね。

 

スポンサードリンク

 

 

-家政夫のミタゾノ