旬ネタ情報局!

ドラマが好きで感想やネタバレ、ロケ地情報やキャストの演技の評価など+旬なテレビ番組について趣味で書いています

女の中にいる他人

『女の中にいる他人』のロケ地や撮影場所、あらすじとキャストのまとめ

2016/12/01

onnnannaka

2017年1月8日(日)スタートのNHK・BSプレミアムドラマ『女の中にいる他人』。主演は瀬戸朝香さんで、尾美としのりさん、石黒賢さん、木野花さん、板谷由夏さんなどが脇を固めます。原作は1966年に公開された成瀬巳喜男監督の心理サスペンス映画「女の中にいる他人」を、現代風にアレンジしたもの。

ストーリーは、不倫相手を殺害してしまった夫の犯行を隠ぺいし、これまで築いてきた家族との日常を守ろうとする主婦が主人公。いつしか彼女の中にこれまで誰も知らなかったもう一人の自分がいることに気づきます。

もう一人の自分との葛藤や、その中で新たな自分を発見していく物語。。。。

今回は『女の中にいる他人』のロケ地や撮影場所、あらすじやキャストについて書きていきます。

 

スポンサードリンク

 

『女の中にいる他人』のキャスト(出演者)

 

瀬戸朝香

尾美としのり

石黒賢

木野花

板谷由夏

甲本雅裕

森岡豊

西山繭子

中村倫也

弥尋

笹岡サスケ(子役)

庄野凛(子役)

 

『女の中にいる他人』あらすじ(ストーリー)

田沼百合子(瀬戸朝香)は、2人の子供に恵まれ、夫の和男(尾美としのり)と義母の初江(木野花)とともに主婦として平穏に暮らしていた。ある日、夫の友人・楠本将文(石黒賢)の妻・沙織(西山繭子)が絞殺されるという事件が起こる。夫の和男は、殺された沙織と浮気していたことを告白する。百合子は、沙織を殺害したのは夫ではないかと疑念を抱く。

逃げ切れないと悟った和男は、百合子に沙織を殺したのは自分だと告白。警察に自首しようとする和男を百合子は必死に引き止め、平穏な家族の生活を守るため、夫の犯罪を隠蔽する決意をするのだった。

そんな百合子の行く手には、真相を暴こうとする者たちが次々に現れる。過去の因縁から執拗に百合子にまとわりつき、百合子を破滅させようと企む美智子(板谷由夏)、和男の会社の部下で曰くありげな黒木(甲本雅裕)、そして犯人を追う刑事(森岡豊)・・・。

いつしか百合子の心の中には、百合子自身も知らなかったもう一人の自分(心のなかにいる他人)が動き始める。愛する家族を守るために・・・。

もう一人の自分とは一体何なんでしょうね。「これまで気が付かなかった自分に気づく」とはスピリチュアル系な感じもします。本当の自分ということでしょうか?

私には想像もできませんが、そんな体験をいきている間にぜひしてみたいです。

 

『女の中にいる他人』ロケ地や撮影場所・目撃情報など

 

横浜元町周辺で瀬戸朝香と尾美としのりが撮影

『女の中にいる他人』の制作は10月18日に開始されているようです。その割には意外とロケ地の情報が今のところあがっっていません。

今後、多くあがってくると思いますのでその都度追記していきますのでお楽しみに!

 

最後に

『女の中にいる他人』は元々はイギリス人作家、E・アタイヤのミステリー小説が脚色され、成瀬巳喜男監督によって1966年に映画化されました。今度はさらに脚本家・吉本昌弘さんに脚色されより洗練された現代ドラマへと変化していったようです。

BSプレミアムドラマは本当に質の高い作品を放送しているので今から楽しみです。

 

-女の中にいる他人