旬ネタ情報局!

ドラマが好きで感想やネタバレ、ロケ地情報やキャストの演技の評価など+旬なテレビ番組について趣味で書いています

リテイク~時をかける想い

ドラマ『リテイク』のロケ地や撮影場所、あらすじキャストのまとめ

2016/12/07

riteiku

2016年12月3日より放送される新ドラマ『リテイク』。若いと思っていたらいつの間にかベテラン俳優となったいた筒井道隆さんと、絶好調の女優、成海璃子さんがメインキャストとしてとても興味深いドラマを展開してくれるようです。テーマというか、このドラマの特徴は未来からやってくるタイムトラベラーを扱っているということですね。非現実的なようでかなり現実的な感じもします。

最近では色々な証拠を知人から見せられて未来人や宇宙人がひょっとしたらいるのかな?などと思うようになってきた私には特に現実的な感じもします。今回は『リテイク』のロケ地やあらすじ、出演キャストなどについて書いていきます。

毎週土曜日23時40分~24時35分放送:東海テレビ・フジテレビ系列

 

あわせて読みたい人気記事『ガキの使い・笑ってはいけない2017』の狭山市のロケ地、出演者、テーマのまとめ

 

スポンサードリンク

 

 

ドラマ『リテイク』のあらすじ

主人公は運命に翻弄され、輝かしいキャリア、家族、友人、全てを失った男・新谷真治。彼の現在の役職は法務省民事局戸籍監理課課長。戸籍監理課は、同僚から「やってもやらなくてもいい仕事をしている課」と陰口を叩かれているが、彼らの本当の職務は、「未来からやってくるタイムトラベラーを、専用の居住区に隔離し、保護観察下に置く」という、法務大臣政務官からの極秘指令を遂行することだった――。

近い将来、タイムマシンが開発され、現代には様々な目的を持ったタイムトラベラーがすでに来ているという。そんなタイムトラベラーが現代に影響をおよぼすのを未然にくい止め、その存在が国民に知られ混乱を招くのを防ぐべく、新設されたのが、戸籍監理課。物語は、そんな新谷たち戸籍監理課の奮闘を、1話完結形で描いていく。

引用:http://www.cinemacafe.net/

タイムトラベラーを扱うドラマは今年の夏に放送された『時をかける少女』がありましたね。未来人との遭遇はいつの時代も面白いテーマですね。妙に想像を掻き立てます。

私がもしタイムトラベラーになれたら、過去に行くなら幕末に行って新撰組のメンバーを見てみたいです!近藤勇と記念撮影をして握手をしていただきたいですね。(笑)

未来に行くなら毎年、秋、冬、春をとばして夏だけを満喫したいです!(笑)

 

スポンサードリンク

 

ドラマ『リテイク』のキャスト 筒井道隆・成海璃子・おのののかなど


chartriteiku

引用:東海テレビ公式サイト

新谷真治(46)筒井康隆 

法務省・戸籍監理課の課長。閑職と言われる部署だが、実は“タイムトラベラーを取り締まり保護下に置く”という極秘任務を与えられている。

那須野薫(26)成海 璃子 

戸籍監理課の職員。要領がよく飲み込みが早い。新谷と組んでから1年半ほど

大西史子(28)おのののか 

法務大臣政務官秘書。戸籍監理課の本当の職務を知らず、国東政務官が新谷を頻繁に呼び出しているのを不審に思っている。

国東修三(53)木下ほうか

衆議院議員・法務大臣政務官。「静かに丁寧な言葉で表現した方が怒りの感情は伝わる」を信条とし、常に冷静沈着。

パウエルまさ子(53)浅野温子

大学時代の同級生である国東に頼まれ、パートの職員として戸籍監理課で働いている。

柳井研二(36)敦士

警視庁の刑事。新谷の元妻の弟。新谷にとっては元義理の弟だが、友人として現在も親交がある。新谷の過去のこともあり、誤認逮捕や冤罪に敏感。

 

あわせて読みたい人気記事『ガキの使い・笑ってはいけない2017』の狭山市のロケ地、出演者、テーマのまとめ

 

ドラマ『リテイク』1話のロケ地や撮影場所のまとめ

・東京競馬場・成田富里徳洲病院

・浅草一文・古我邸

・富里市商工会・富里市商店会

・座間市役所・千代田化工建設株式会社

・鎌倉文学館

 

ドラマ『リテイク』のロケ地や撮影場所

リテイクのロケ地に東京「府中の森公園」(1話登場)

 

 

11月15日に府中市にある「府中の森公園」で『リテイク』の撮影を行っているところが目撃されていますね。この日ロケを行っていたキャストについては現在調査中です。

 

 

『リテイク』のロケ地に東京競馬場(1話登場)

予告動画や1話のあらすじでこの「東京競馬場」がロケ地として使われていることが判明しています。「撮影を目撃した」という情報がネット上にまったくないことから平日に貸し切りで撮影が行われた可能性が高そうですね。

 

 

最後に

『リテイク』の撮影はまだ始まったばかりですので、これから多くの目撃情報があがって来ることが期待でそうです。新しく撮影やロケ地の情報が分かり次第追記していきますのでお楽しみに!

あわせて読みたい人気記事『ガキの使い・笑ってはいけない2017』の狭山市のロケ地、出演者、テーマのまとめ

 

スポンサードリンク

 

 

-リテイク~時をかける想い