旬ネタ情報局!

今、旬のドラマのロケ地や話題のニュース、季節の行事やイベントなどについて書いていく趣味のブログです。

未分類

島木譲二さんが死去。死因は病気?病名は?

吉本新喜劇の喜劇役者・島木譲二さんが16日の午前9時6分、脳溢血のため入院先の大阪市内の病院で亡くなったようですね。72歳でした。島木譲二さんの十八番「大阪名物パチパチパンチ」はあまりにも有名で老若男女問わずに多くのファンを笑いの渦に巻き込んできました。

死因は脳溢血と発表されていますが、ここ数年は病気がちだったようでしたし脳溢血になった背景にある持病や最近の生活の様子について見てみたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

島木譲二さんのプロフィール

本名・濱 伸二

生年月日  1946年9月13日

没年月日  2016年12月16日(満70歳没)

出身地 兵庫県尼崎市

島木譲二さんの病気は何だったのか?

島木譲二さんは高校卒業後にボクサーを志し、西日本ミドル級新人王を獲得したこともあるほどの強豪ボクサーでした。

その後、警備員などを勤めたり苦労の多い人生を送っていましたが、間寛平さんと知り合い2007年に吉本新喜劇に入団しました。

それからの人生も順風満帆とは行かずに2011年の1月に体調不良を訴え、大阪市内の病院で通院治療を受けながら劇団の俳優として活動してきました。

しかし病状は悪化していき、同年2月には完全復帰を目指して仕事を全てキャンセルして自宅療養に切り替えました。ところで一体どこが悪かったのかというと詳しい病名は公表されていませんが、腎臓の病気だったようです。

 

さらに本人は誰の目から見ても明らかなメタボ。メタボの人が腎臓を患うと殆どの場合、慢性腎臓病になると言われています。

メタボから始まって、高血圧・高血糖→動脈硬化→糸球体のろ過機能低下→腎臓機能低下となり常に倦怠感に襲われ思うように動くことができなくなったりいつもだるい感じが抜けない状態ですね。

 

これが続くと心筋梗塞、肝硬変、脳梗塞など動脈傾倒の病気にかかりやすくなります。結果として脳溢血を発症してしまいましたが、やはり血管系統の病気でしたね。

所属事務所によると「本日、体調が悪化し、最期は病院で奥さまに看取られました」とコメントしている。
通夜は17日午後7時から、葬儀告別式は18日正午から、いずれも新大阪典礼会館(大阪市淀川区野中北1-1-77)で執り行われる。喪主は妻の昭子さん。

引用:ライブドアニュース

http://news.livedoor.com/article/detail/12427190/

 

ネットの反応は

 

最後に

吉本新喜劇の中でも強面でありながら自虐的なネタを披露する(怖くて誰も本気で突っ込めなかった!?)貴重なキャラクターとパチパチパンチで愛された島木譲二さんのご冥福をお祈りします。

 

スポンサードリンク

-未分類