旬ネタ情報局!

ドラマが好きで感想やネタバレ、ロケ地情報やキャストの演技の評価など+旬なテレビ番組について趣味で書いています

水族館ガール

水族館ガール 第4話の感想とあらすじ。C1の死を乗り越えていく由香に感動!

suizoku

 

7月15日に放送された、『水族館ガール』の第4話。この回では、残念ながらC1が病気のため、死んでしまいます。

そして、C1の死と向き合った由香が、命の儚さを知り、母親に「産んでくれて、ありがとう。」と伝えるシーンが感動的でした!

それでは、『水族館ガール』第4話の感想とあらすじを見てみましょう!

 

スポンサードリンク

 

 

『水族館ガール』第4話のあらすじ。

 

伝説の秘技・C1ジャンプを成功させたのもつかの間、イルカのC1が体調を崩す。由香は梶と獣医師の磯川からC1の容態を聞き、衝撃を受ける。そして館長(伊東四朗)は、目前の夏休みの企画から目玉のC1ジャンプを外す決断をする。必死でC1を治療する磯川は、由香に獣医師になったいきさつを話す。そんなとき、磯川の昔の恋人・弥生(酒井美紀)が現れ…

引用:NHK公式サイト

 

磯川と昔の恋人・弥生は結婚を前提に、再び交際を始めましたね。

由香は今田との約束の合コンをセッティングし、梶も加わることに。

久美子に気のある今田は意外にも気に入られたようです。

合コンのお店で由香は、元カレの矢神と偶然鉢合わせとなり、ヨリを戻さないかと告白されています。

 

合コンが終わり、C1の様子を見に水族館に戻る由香と梶。

深夜の水族館で、飼育員たちに見守られ、C1は息を引き取ります。そこにはさっきまで、酔いつぶれていた今田の姿もあります。

その後、C1はプールから引き上げられ、「剖検」と呼ばれる死因を詳しく調べるため解剖の場に立ち会います。

獣医・磯川がC1の胃の中から、菓子袋を取り出すと、由香はその場で気絶してしまいます。

翌朝、自分の不注意でC1が菓子袋を食べてしまったと落ち込む由香に、梶は「お前は、飼育員として失格だ!」と厳しい言葉を浴びせます。

 

落ち込む由香に、一子は、「自分が世話をした動物の臓器を取り出して調べられることは、最初は誰でも耐えられない。でも、歯を飼育員としての姿勢を保つことでみんなちょっとずつ本物になっていくんだ」と諭します。

一方、水族館では、新しい命が誕生します。「コツメカワウソ」の赤ちゃんのが生まれました。

梶も「俺がここに来て初めてだ!」と感慨深くつぶやきます。

 

仕事が終わり、暗い夜道を通りながら、由香は母親に電話をかけます。

「おかあさん、産んでくれてありがとう。」と伝える由香。

「生まれてくれてありがとう」と返す母。

翌日から、C1の死を乗り越えた由香は、イルカライブの司会を笑顔で務めるのでした。

 


 

『水族館ガール』第4話の感想!

 

C1が死んでしまった!

 

私は、『水族館ガール』とは、由香とC1がメインにストーリーが展開していくと思っていたので、C1が死んでしまったのが意外でした。

C1は病気になったものの、回復すると思っていましたが、意外とあっさり死んでしまいましたね。

まだ、C1ジャンプも完全にできるようになっていないのに。。。

 

梶が初めて由香と笑顔で会話していた!

 

合コンが終わり、再び水族館に戻った梶と由香。C1がいるプールに様子を見に行きます。そこで、梶が合コンの時に、後輩が見せた、由香が元カレに振られた時に、男とホテルに入る瞬間を捉えたスマホの写真を削除したことについてお礼を言いました。

梶は由香を単細胞と呼びます。そんな梶に由香が単細胞ってどういうことですか!?と肩を叩きながらじゃれています。

このシーンでは由香と梶が初めて笑顔で話していましたね。

なんだか、恋愛に発展しそうな雰囲気でした!

最近の梶は由香に対していつも言う「バーカ」にも愛情が感じられます。

飼育員として、認め始めている感じですね。

内心では、梶は由香を少しでも女性として見ているのか、あくまで水族館の仲間として見ているのか気になりますね。

 

ハライチ・澤部佑の演技が上手い!

 

オタクで小心者の今田役の澤部佑さんの演技が意外にも素晴らしく、今ではこのドラマになくてはならない存在になっていますね。

いつもオドオドしていて、イラつくこともありますが、憎めないキャラクターを上手に演じています。

久美子とはうまくいかないでしょうが。(笑)

 

矢神が由香にマジ告白!

 

合コンの店で偶然、顔を合わせた矢神と由香。矢神はどうやら本気で由香に惚れなおしている感じでしたね。

矢神は以前にも由香とヨリを戻そうとしていましたが、その時は、勤務表を欲しがる森川の指示でヨリを戻そうとしていましたが、今回は本気のようでしたね。実は由香がいい女だと知って、惚れなおしたのでしょうね。

森川が、イルカショーが出来ないC1が無駄にエサ代がかかる、と発言した時も、「課長、それは酷すぎます!」と食ってかかっていましたからね。

今後、森川と矢神が対立する可能性が高そうですね。

 

由香にC1の死を乗り越えさせた!?館長が最後に語った言葉が素晴らしすぎる!

 

館長役の伊東四朗さんもかなりいい味を出していますね!

C1が死を引きずっている、飼育員たちに向かって語った言葉が素晴らしかったですね。

「水族館では日々、旅立つ命と生まれ来る命があります。生き物の死に慣れてはいけません。

しかし、新しい命のために立ち止まってもいられません。人間も動物も必ず命が終わります。

だから私たちは、命のバトンを受け継ぎ、命を繋いでいく。その生命のために、常に前を向く、それが水族館で

働く者の使命です。」

この言葉が由香や梶をはじめ、C1に関わった飼育員たちはC1の死を乗り越えさせる力になるのではと思います。

 

『水族館ガール』第4話みんなの感想は!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『水族館ガール』第5話のあらすじ

 

由香(松岡茉優)は梶(桐谷健太)と内海(伊東四朗)の言葉で飼育員としての自覚に目覚めるが、その矢先、倉野(石丸幹二)から総務への異動を告げられる。本社の森下(木下ほうか)は米国から水族館にイルカセラピスト・沢渡夏子(中村アン)を呼び、トークショーを企画する。夏子が梶の恋人だと聞かされ由香は動揺する。吉崎(西田尚美)は夏子と息子の過去を由香に話す。由香が総務で担当するのは夏子のトークショーだった。

引用:NHK公式サイト

 

 

スポンサードリンク

 

 

『水族館ガール』第4話・感想のまとめ

次回は、なんと梶の彼女の登場ですね。

梶はイケメンですからかなりモテてますね。

ドラマの最後の方で由香は梶に彼女がいることを知り動揺していました。

やっぱり由香と梶は最終的に恋仲になるのでしょうか!?

それにしても『水族館ガール』は本当に面白いです。

あと3回で終わりか~。

パートⅡやらないかな。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

今夏スタートのドラマのロケ地一覧です! お暇つぶしにどうぞ!

 

NHK 水族館ガールのロケ地やキャスト、あらすじをご紹介!

営業部長 吉良奈津子のロケ地や撮影場所のまとめ!

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子のロケ地や撮影場所のまとめと相関図!

そして、誰もいなくなった・ロケ地や撮影場所とエキストラ情報をまとめてご紹介!

OLですが、キャバ嬢はじめました・ロケ地は同名のクラブプロポーション!

家売るオンナ・ロケ地や撮影場所のまとめ!&エキストラ募集の詳細!

仰げば尊し ・ドラマのロケ地や撮影場所のまとめ!エキストラ募集の情報も!

HOPE・ロケ地や撮影場所のまとめ&エキストラ募集の情報!

神の舌を持つ男・ロケ地や撮影場所のまとめ&エキストラ募集の情報!

せいせいするほど、愛してる・ロケ地や撮影場所のまとめ&エキストラ募集の情報!

時をかける少女は沼津で撮影されている!?ロケ地の詳細をご紹介!

こえ恋ドラマのロケ地をまとめてご紹介!撮影現場やエキストラ情報も!

好きな人がいることのロケ地は?三浦翔平を撮影場所で発見?

 

 

スポンサードリンク

 

 

-水族館ガール