旬ネタ情報局!

ドラマが好きで感想やネタバレ、ロケ地情報やキャストの演技の評価など+旬なテレビ番組について趣味で書いています

好きな人がいること

好きな人がいること 打ち切りが決定的に!?理由は視聴率の低下と棒演技!?

2016/08/02

sukikoko

引用:フジテレビ公式サイト

 

イケメン俳優と美人女優が多く出演することから放送前から話題を集めていた、『好きな人がいること』。

視聴率が取れないことから、はやくも番組早期打ち切りが検討されているとの噂がネット上で出始めていますね。

 

視聴率は、放送初回では10・1%、第2話では10・4%とギリギリの数字でしたが、第3話ではついに二桁を割り8・7%と一気に下がってしまいました。

 

そして、第4話(8月1日)の視聴率は0・8%アップで9・5%でした。

 

来週からはリオオリンピックの放送と時間がかぶることから、視聴率の回復はかなり難しいと思われますし、一度みないと決めた視聴者は、最終回くらいしか戻ってきませんからね。

 

今後、視聴率を回復して、打ち切りを回避できるのでしょうか!?

今回は、『好きな人がいること』の今後の展望について迫ってみました!

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

『好きな人がいること』は視聴率を回復できない!?限りなく高い放送打ち切りの可能性の理由とは!

 

春から放送された前作の『ラブソング』の視聴率は、初回で10・6%、第2話では9・1%、第3話で9・4%でした。

『好きな人がいること』では、第1話と第2話で10%を上回りましたが、第3話で8・7%となりました。『ラブソング』と第3話までの視聴率を比較すると、共に1話あたりの平均視聴率が、9・7%ということになります。

月9ドラマとしては『ラブソング』同様、視聴率はかなり低めですね。

来週から同じ時間にリオオリンピックの放送が始まることからどんどん視聴率が下がっていく可能でいが高そうです。

 

来週の夜9時には、オリンピック卓球の男女シングルスの予選が、日本テレビで放送されます。

再来週にはバドミントンの準々決勝や、陸上競技が放送される予定になっています。

オリンピック放送はかなり強いライバルとなるでしょうね。

22日にはフジテレビでオリンピック総集編が放送されるため『好きな人がいること』の放送は中断されます。

 

そして、29日にやっと第7話が放送される頃には、かなりファンが離れている可能性がありますね。

そういった理由から視聴率を回復するには、不利な条件が多いですね。

 

 

『好きな人がいること』視聴率の低さはストーリーに問題がある!?

『好きな人がいること』は美男美女が一つ屋根の下で暮らしながら、徐々に惹かれ合い、恋に落ちていくというのがザックリしたストーリーですが、ハッキリ言って、このパターンはあまりウケませんね。

『好きな人がいること』のように美男美女の恋愛物語は女子中学生や女子高校生などにはかなりウケていると思います。

観るたびに「胸がキュンキュンする!」とつぶやいているのは、ほとんど女子中高生ですから。

 

ただ、個人的には、美男美女の恋愛ほどつまらないものはありません。

やはりブサイクな男と美女が恋愛に発展するというのが一番おもしろいと思います。

管理人の知人でかなりのイケメンがいるのですが、彼も同じことを言っています。

 

『美女と野獣』ほどでないにしろ、不細工なダメ男が、美女と最終的に結ばれる!コレですよ!恋愛ドラマの醍醐味は!!

いずれにしても、『好きな人がいること』に関してはストーリーが先が読めてしまうという意見も多いことからもう少しストーリーの中にみんなが期待していることを、アッと驚くやり方で表現するといった、「仕掛け」が少ないように感じます。

一言で言えば、驚きも意外性もない展開に、ある程度、恋愛経験があるオトナには、なんのリアリティーもなく退屈してしまうドラマと言えるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

『好きな人がいること』キャストの棒演技も低視聴率の一因に!?

 

『好きな人がいること』の出演俳優たちの演技も酷評されていますね。

いわゆる棒演技ですね。動作が不自然、展開が不自然、演技が不自然、セリフが棒読み、などを全てひっくるめて棒演技といいます。

 

桐谷美玲の演技の評価はこちら!

 

 

 

 

 

 

 

 

『好きな人がいること』打ち切りのまとめ

 

『好きな人がいること』に限らず、最近の月9というドラマのステイタスみたいなものがなくなりつつありますね。

数年前までは、必ずヒットしていたし、観ていて面白かったです。

キャストも厳選されていたし、最高の作品を作ろうという、それこそモノ作りの職人のような感じだったと思います。

最近は、どうせ視聴率が取れないだろうと、投げやりになっているのでしょうか!?

このままだと、テキトーに恋したり、離れたり、くっついたり離れたりのダラダラしたドラマになる可能性が高そうですね。

人一人の人生を変えるくらいの強烈なメッセージ性のあるドラマが観たいです!

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

-好きな人がいること