旬ネタ情報局!

ドラマが好きで感想やネタバレ、ロケ地情報やキャストの演技の評価など+旬なテレビ番組について趣味で書いています

男性俳優 砂の塔~知りすぎた隣人

岩田剛典 ドラマ砂の塔で演技の感想は上手い?下手?それとも普通!?

2016/10/29

iwata

画像引用:TBS公式サイト

10月14日(金)よりスタートした秋ドラマ「砂の塔」。人気ダンサー、がんちゃんこと岩田剛典さんが生方航平役として出演していることで視聴者の間でもどんな演技を見せてくれるのか注目が集まっています。

今回の役どころは体操教室のコーチであり主演の菅野美穂さんとは幼馴染です。これがただの幼馴染ではなく微妙な関係でもあるということから露出度も高そうですし、過去に2人の間には何か非ミルがありそな雰囲気ですから、ドラマの展開に大きく絡んできそうです。

岩田剛典さんはダンサーとしてだけでなく俳優としても活躍していてドラマ「ろくでなしブルース」で俳優としてのデビューを果たすと、映画「クローズEXPLODE」などのヒット作の他、数々の映画やドラマに出演してきました。

ところが岩ちゃんの演技力に対する評価は今ひとつでした。

今回のドラマ「砂の塔」での岩田剛典さんの演技の評価や感想は上手い!なのか下手!なのか、それとも普通なのでしょうか?詳しく見ていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

岩田剛典・ドラマ砂の塔での演技は下手!?

今回のドラマ砂の塔で岩田剛典さんが演じる体操教室のコーチという役柄は体を動かすことが得意な岩ちゃんにとってはまさにハマリ役と言えるのではないでしょうか!

これまでの岩田剛典さんの演技に対する評価は、ハッキリいうと高いとはいえませんでした。具体的には「セリフが棒だ」「表現力がない」「演技にメリハリがない」などの感想も多かったですね。これは岩ちゃんのファンからもそうでない方から岩田剛典は演技がヘタだと認識されているようです。

岩田剛典さんの演技に対しては、圧倒的に下手という感想が多ですね。ツイッター上だけでなく感想サイトなどでも評価は低めですね。ファンの方からの演技が下手だけど岩ちゃんが好き、という言葉はとても多いのですが本人が聞いたら嬉しいやら悲しいやらで複雑な気持ちになるでしょうね。そこまで愛してくれるファンがいることは素晴らしいですが。。。

 

スポンサードリンク

 

岩田剛典・ドラマ砂の塔での演技は上手い!?(上手くなった!?)

過去には演技に対してこくこれまで数多くのドラマや映画に出演してきた岩田剛典さん。過去の評価はともかく役者としての経験を数多く積んで来ているはずです。役者として鍛えられてきた部分は大きいと思いますし、頭のいい岩ちゃんですからその中で自分の演技のどこがイケないのか!?どう改善するべきなのか!?ということを常に分析してきているはずです。

砂の塔では演技に対して評価は少しでも変化しているのでしょうか!?それとも相変わらずヘタと酷評されているのでしょうか!?

岩田剛典さんの演技に対して下手だ!という感想も多くあがっていますが、上手くなったという感想も出始めましたね。岩ちゃんの演技のどこが上手くなったのかそこが書いていないのは残念ですが、上手くなったという感想は心からそう感じているのではないかと思います。

私はセリフに関しては相変わらず棒読みだと感じました。菅野美穂さんが川で子どもたちからの贈り物を探していたシーンで「何やってるんですか?」「そんなところで何探してるんですか?」のセリフが棒でしたね。本当に何をやっているか知りたいの?とツッコミを入れたくなりました。

さらにマニアックなツッコミを入れると、失くしたプレゼントを航平が見つけたシーンで「亜紀さん!亜紀さん!もしかしてこれ!?」と亜紀に話しかけるセリフはうまかったですが、亜紀が「そう!これ!良かったー!」と叫んだ後に一緒になって航平も「良かったー!」と叫びましたが、その「良かったー!」があまりうれしくなさそうに聞こえました。(笑)

岩田剛典さんのイケメンならではの表情がなんとか助けている感じがしました。

ただ、全体的に演技を見ると決して大根役者ではないと思います。過去に岩田剛典さんが出演した作品は「クロスロード」くらいですが、酷評されるほど下手だという印象はなかったです。

 

3話でがんちゃんの酔っ払った演技は引きました

砂の塔の3話では酔っ払って菅野美穂さんに介抱されるシーンがありましたが、がんちゃんはこのシーンでのがんちゃんの演技は明らかに大根でしたね。(笑)全然酔っ払っているように見えない!がんちゃんに限らず酒に酔った演技というのは、かなり高度な演技力が必要だそうで、昔、役者志望の知人がそんなこと言ってたなと思い出しました。まあ、がんちゃんは本格的な俳優ではないですしこれから演技力は高くなっていくでしょうし、今回のシーンはあれはあれで良かったのでしょうね。

 

砂の塔ドラマで岩田剛典の演技評価のまとめ

たとえどんなに演技が評価されている役者さんでも必ず演技や芝居の内容については批判と高評価があるものです。今回の砂の塔に関しては個人的には可もなく不可もなしといったところです。ドヘタではないけれどツッコミどころも大いにあると思います。

役柄的にはあっていると思いますし、下手かもしれないでれど今回のキャラクター作りはあれはあれで十分なのではないかなと思いました。

ファンの間では誰もが知っていることですが、岩田剛典さんは慶應義塾高等学校出身で在学中はラクロス部で活躍。当時は高校生であったにもかかわらず、大学生中心で構成されていたU-19の日本代表の候補になったほどの腕前。当然運動神経は抜群。体操教室の指導の中で華麗な身のこなしを見れたら嬉しいですね!

 

スポンサードリンク

 

-男性俳優, 砂の塔~知りすぎた隣人