旬ネタ情報局!

ドラマが好きで感想やネタバレ、ロケ地情報やキャストの演技の評価など+旬なテレビ番組について趣味で書いています

時をかける少女

時をかける少女 1話の感想とあらすじ!未羽がタイムリープを乱用!

tokikake1wa2

引用:時をかける少女公式サイト

 

 

7月9日から始まった『時をかける少女』ですが、かなり好評のようでしたね。全体的に原作や原田知世さんが主演した映画と比べると、大筋は大体一緒ですが、現代版ならではの仕込みがおもしろいですね。

それではあらすじや感想について詳しくみてみましょう!

 

スポンサードリンク

 

 

2016年版『時をかける少女』第1話のあらすじ!

 

 

高校3年生の未羽(黒島結菜)は放課後、幼なじみの吾朗(竹内涼真)と共に理科室の掃除をしていた。吾朗がゴミを捨てに行って一人になった未羽は、準備室で何かが割れる音を聞く。準備室を覗いた未羽は、割れた試験管から漂う甘い香りをかぎ、そのまま気絶してしまう。 

保健室で目を覚ました未羽は、心配する吾朗たちに一部始終を話す。しかし、倒れた未羽を最初に見つけたもう一人の幼なじみの翔平(菊池風磨)は、未羽のそばには試験管など落ちていなかったと言う。

引用:時をかける少女公式サイト

tokikake1wa1

引用:時をかける少女公式サイト

 

その日の帰り道、マンションの下を通った未羽の頭に向かって、上から鉢植えが落ちてくる。直撃を覚悟する未羽だったが、気が付くと、マンションの少し手前に立っていた。そして、未羽の目の前で落下して割れる鉢植え…。未羽は、自分がタイムリープ能力を手に入れて時を戻ったのではないかと大騒ぎ。

 

そこに居合わせた翔平は興奮する未羽に、このことは誰にも話さない方がいいと口止めする。なぜなら翔平の正体は、未羽の幼なじみではなく未来からやってきた科学者ケン・ソゴルだったのだ。

引用:時をかける少女公式サイト

 

美羽は高校3三年生になった自分が本当にやりたいことが見つけられずに、悶々とした日々を送っている。そんな時、同級生のネットアイドル・大西敦美が珍種の魚を発見し、テレビに出演した後、学校でチヤホヤされているのを見る。

tokikake2

引用:時をかける少女公式サイト

 

自分が有名人になるチャンスとばかりに、タイムリープを利用して、自分が魚を発見したことにして、立場を入れ替える。すると学校中でチヤホヤされるどころか、世界中から注目を浴びて、優越感に浸っている。そして、吾郎の近所でボヤ騒ぎがあると、またもやタイムリープを利用して、今夜、ボヤ騒ぎがあることを予言する。

当然、予言は的中し、周囲からさらに注目をあつめる。しかし、これが仇となり、刑事が家までやってきて、ボヤ騒ぎを事前に知っていたことや、現場周辺にいたところを監視カメラに写っていたことなどから犯行の疑いをかけられたりする。

さらに、ネットアイドル・大西敦美が同級生からいじめられているところを目撃するなどタイムリープを使うことで、誰も幸せになどなっていない、むしろ不幸になっていることを知り、再びタイムリープを使い元通りの世界に戻していく。

 


 

 

 

そして、七夕の日。吾郎や翔平と三人で出かけることになっていた。が、待ち合わせ場所に現れたのは吾郎だけ。吾郎から話を聞くと、翔平は予定が入り来れなくなったと話す。

2人で七夕祭りへ出かけ、花火を観ていると突然、吾郎から「僕と付き合ってくれ」と告白される。未羽は翔平に密かな思いを寄せている。吾郎の真剣な思いをはぐらかしきれずに、またもやタイムリープを使い時間を戻して、翔平と三人で七夕祭りへ出かける事ができるようにする。

吾郎と二人きりになる時間と自分への告白のチャンスを失くすために。。。

tokikakeiwa1

引用:時をかける少女公式サイト

 

三人で七夕祭りに出かけ、未羽が露店で買い物をしていると、パインを食べながら翔平が「ウマイ、ウマイ」と櫓に足をかけてはしゃいでいる。その振動で櫓をつないでいた縄か擦り切れ、翔平は倒れた櫓の下敷きに。血を流し、担架で運ばれる翔平を遠くから目撃していた未羽は叫び声を上げながら、またもやタイムリープを使う。

露店で買い物をしている時間に戻った未羽は必死に翔平の元へ走ります。そして、翔平の身体を突き飛ばすようにかばいます。幸いにも未羽が想像していたよりも、タイミングが早く、櫓が倒れることはありませんでした。

一体何が起きたのか状況を把握できていない翔平に抱きつき、泣きながら「もう、死んじゃったかと思って…。生きててよかった!」と叫びます。

これを見ていた吾郎は、未羽の思いが翔平にあることを悟ります。

 

祭りの帰り道でも、未羽は吾郎と二人きりになる状況を作らないように、途中から翔平と2人で帰ります。

 

翔平は未羽と話をしながらふと、こう思います。(確かじゃないけど、この子は時間を戻して僕の命を助けてくれた。嬉しかった。)と。

 

翔平にも未羽への特別な思いが芽ばえてきたように見えます。

寄り添い歩く2人を突然犬が吠えます。

幼いころ何故か自分だけが犬に追いかけられた時、吾郎が助けてくれたことを懐かしむ未羽。

その時、翔平は不思議な光を放ち、未羽の記憶を書き換えこう言います。

「あれは僕が助けたんだよ。」

「そうだったね」と答える未羽。

 

月曜日の朝。

教室にいる未羽を見た翔平は、未羽への特別な思いが自分の中に芽ばえていることを改めて感じている。

 


 

2016年度版『時をかける少女』第1話の感想

 

『時をかける少女』の第1話の感想を一言でいうと、すごく面白い!です。!

原田知世さんが主演を務めた映画だと2~3回観てようやくストーリーの意味が分かったのですが、今回のドラマ『時をかける少女』では、より複雑な内容になっています。

その点は好ましくはないのですが、よく理解できなくても楽しめる要素がとても盛り込まれていますね。

その理由はキャストの起用がドンピシャなせいかもしれません。

 

未羽と翔平、吾郎が冗談を混じえて仲良くやり取りしているシーンはほっこりしますし、キャラクター設定がはっきりしているところもいいです。

 

原田知世さんが主演した『時をかける少女』も素晴らしいですのが、吾郎役と翔平役がどっちがどっちだか分かりにくかったり、なんとなくモッサリしたキャラクターでした。

2016年度版は展開にメリハリがきちんとしているので見ていて飽きないですね。

 

現代版ならではの、スマホを使って、高校生活を撮影したりするところもいいです。

そして、何より三人の演技がいい!

幼なじみ感が強く出ていて、幼なじでずっとこんな風に仲よかったらいいよな~と思わせますね。

 

私は翔平役の風磨くんについてはほとんど知らなかったのですが、かなり存在感がありました。

未羽役の黒島結菜さんはとてもかわいい顔をしていて声も素敵ですね。

吾郎役の竹内涼真さんは男前で、ドラマの最後の方で未羽や翔平と別れて一人で帰っていくシーンは背中に哀愁が漂っていて、ストーリーにリアル感を与えていました。

 

ただ、未羽はタイムリープを使い過ぎですね。(笑)なんでもかんでもタイムリープを使い時間を戻していると、ダメ人間になりそうですね。(笑)

 

次回の放送が楽しみです!

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

時をかける少女のロケ地情報はこちら!

 

 

2016年度版『時をかける少女』・みんなの感想は!?

 

 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

今夏スタートのドラマのロケ地一覧です! お暇つぶしにどうぞ!

 

NHK 水族館ガールのロケ地やキャスト、あらすじをご紹介!

営業部長 吉良奈津子のロケ地や撮影場所のまとめ!

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子のロケ地や撮影場所のまとめと相関図!

そして、誰もいなくなった・ロケ地や撮影場所とエキストラ情報をまとめてご紹介!

OLですが、キャバ嬢はじめました・ロケ地は同名のクラブプロポーション!

家売るオンナ・ロケ地や撮影場所のまとめ!&エキストラ募集の詳細!

仰げば尊し ・ドラマのロケ地や撮影場所のまとめ!エキストラ募集の情報も!

HOPE・ロケ地や撮影場所のまとめ&エキストラ募集の情報!

神の舌を持つ男・ロケ地や撮影場所のまとめ&エキストラ募集の情報!

せいせいするほど、愛してる・ロケ地や撮影場所のまとめ&エキストラ募集の情報!

時をかける少女は沼津で撮影されている!?ロケ地の詳細をご紹介!

こえ恋ドラマのロケ地をまとめてご紹介!撮影現場やエキストラ情報も!

好きな人がいることのロケ地は?三浦翔平を撮影場所で発見?

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

-時をかける少女